日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2019年02月25日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2019年02月25日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

SOxスクラバーの発注一巡/20年納期売り切れ、適合油の動向見極めも

SOxスクラバーの発注一巡/20年納期売り切れ、適合油の動向見極めも

SOxスクラバーの生産本格化

硫黄酸化物(SOx)スクラバーの発注が一巡して商談ペースが鈍化している。昨年までの発注ラッシュで搭載船の隻数は計1700~2500隻規模に拡大する見通しとなったが、大手スクラバーメーカーが相次ぐ大型契約で2020年納品分をほぼ売り切り、中小メーカーへの短納期を求める発注も増えた結果、これから発注してもSOx全海域規制が始まる20年の早い段階までに装置を搭載するのが難しくなったことが減速の背景にある。

海運

  • エンジン改造無しで使用可能/国交省、SOx規制適合油の性状問題で結論
  • 18年通期業績、32億ドルの黒字/マースク、石油部門売却などで
  • 掘削部門の分離・上場手続き開始/A・P・モラー/マースク
  • 郵船、社員向け「パパママセミナー」実施
  • 健康経営優良法人に郵船・商船三井・三井E&Sら

コンテナ・物流

  • 兪昌根CEOが退任へ/現代商船
  • 2.2%増の1621万TEUで過去最高/18年のアジア発欧州向け荷動き、日本は9%増
  • 18年は1.3万TEUと高水準/舞鶴港コンテナ取扱量、下期は過去最高
  • 水産荷主の物流を効率化/三協、銚子コンテナデポ活用で
  • 11月は10.1%減の54万TEU/米国発アジア向け荷動き、日中台など減少
  • 6年連続で貨物量過去最高/石狩湾新港、都内でセミナー開催
  • 1月は4.6%増の157万TEU/アジア発米国向け荷動き、単月で過去最高
  • コンテナ取扱量1%減の870万TEU/ハンブルク港・18年
  • コンテナの遠隔追跡サービス開始/APL、TRAXENS社と提携
  • 北海道地震、苫小牧港に被害なし
  • アジア域内コンテナ荷動き、18年は4.5%増
  • 博多港、11月は4%増の7.8万TEU

不定期専用船

  • 5年以内に船隊を25隻拡大/ADNOC、原油船やバルカーで
  • 三井物産向けLNG船が命名/日本郵船、キャメロンの輸送に従事
  • 通期純損失5255万ドル/ティーケイ・タンカーズ、4Qは黒字化
  • 旧正月前の底値から2~6割上昇/中小型バルカー市況
  • アストモス向けVLGC命名/飯野海運、“Maple Gas”

造船

  • 今年の受注は5年ぶり高水準狙う/韓国造船大手、2割増の計334億ドル目標
  • 名村造船所、技術開発の専門部署/開発力を強化

Information

  • 伊藤忠商事、人事異動
  • 名村造船所、役員・人事異動
  • “Team KUROSHIO”、海底探査コンペ決勝の報告会

コラム・その他

  • 【青灯】5年前の豪雪の教訓
  • 【ログブック】橋本修・乾汽船船舶管理部長/福井淳太・大阪府港湾局長/クリストファー・イブ・UBMジャパン社長

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
MARKET REPORT