日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > トップニュース > ポートフォリオ健全化で業績安定/日本郵船・内藤社長、“DとG”を全社で推進

文字を大きく 文字を小さく

トップニュース

2018.04.17

ポートフォリオ健全化で業績安定/日本郵船・内藤社長、“DとG”を全社で推進

ポートフォリオ健全化で業績安定/日本郵船・内藤社長、“DとG”を全社で推進

今がエクスポージャー縮小の好機と語る

日本郵船の内藤忠顕社長は本紙のインタビューに応じ、3月29日に発表した2018年度から5年間の新中期経営計画のポイントを「当社のポートフォリオを健全にすることだ」と述べ、そのために特にドライバルク事業の収益構造の改善に取り組むとした。

前の記事 次の記事

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
MARKET REPORT