日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > トップニュース

文字を大きく 文字を小さく

トップニュース

2018.02.26

アジア向け鋼材、来期も低運賃/近海船社、高品質輸送の継続に危機感

アジア向け鋼材、来期も低運賃/近海船社、高品質輸送の継続に危機感

18年度上期の東南アジア向け鋼材運賃交渉が概ね決着

邦船各社と国内鉄鋼会社の2018年度上期(4~9月)の東南アジア向け鋼材運賃交渉が概ね決着し、17年度下期(17年10月~18年3月)から横ばいとなるもようだ。

2018.02.23

LNG船竣工量、今年は過去最大級/来年も供給圧力継続、新造商談にも冷や水

LNG船竣工量、今年は過去最大級/来年も供給圧力継続、新造商談にも冷や水

韓国造船所は得意とするLNG船で工事量の確保を見込む

今年のLNG船の新造船竣工量は56隻と大幅な増加が予想されており、過去最高だった2008年を上回る水準だ。

2018.02.22

目指すはコンテナ物流のフェデックス/マースク・グループ、3~5年でグループ像一新

目指すはコンテナ物流のフェデックス/マースク・グループ、3~5年でグループ像一新

投資は非海運・安定収益分野主体に

マースク・グループは、コペンハーゲンで開催した投資家向け事業説明会「キャピタル・マーケット・デイ」で、改めて「コンテナ・物流事業におけるフェデックスやUPSを目指す」との方針を明らかにした。

2018.02.21

ドル安、造船所が船価アップ図る/資機材高でコストも上昇、赤字拡大に危機感

ドル安、造船所が船価アップ図る/資機材高でコストも上昇、赤字拡大に危機感

円高・ウォン高で造船所の見積船価上昇

主要造船国の通貨が米ドルに対して切り上がっていることで、造船業が新造船価の提示価格を引き上げているようだ。

2018.02.20

日本向け二次輸送、来年度倍増へ/ヴァーレ、中国ブレンド鉱石の供給能力増強

日本向け二次輸送、来年度倍増へ/ヴァーレ、中国ブレンド鉱石の供給能力増強

国内鉄鋼会社が大連・煙台基地から計800万トンの調達を計画

ブラジル資源大手ヴァーレが中国北部に開設した鉄鉱石ブレンド基地から日本への二次輸送が今年度から本格化しているが、来年度は輸送量が倍増しそうだ。

2018.02.19

自動車船、来年度も発注見送りへ/邦船大手

自動車船、来年度も発注見送りへ/邦船大手

自動車船の発注停滞は世界的な傾向(写真=ブルームバーグ)

邦船大手3社(日本郵船、商船三井、川崎汽船)は、自動車船の新造発注を2017年度に続いて18年度も見送る方向だ。

2018.02.16

基幹船隊更新、約10年ぶりに再開/商船三井、大島にハンディマックス3隻発注

基幹船隊更新、約10年ぶりに再開/商船三井、大島にハンディマックス3隻発注

中小型バルカーの新造発注はリーマン・ショック後初

商船三井はこのほど、5万6000重量トン型ハンディマックス・バルカー3隻を大島造船所に発注した。船主起用の用船とする方向。

2018.02.15

VLCCにスクラバー搭載じわり/国内石油会社向けなど邦船で複数隻

VLCCにスクラバー搭載じわり/国内石油会社向けなど邦船で複数隻

2020年のSOx規制発効が近づく(写真=ブルームバーグ)

発効まで2年を切った燃料の硫黄酸化物(SOx)規制への対策として、VLCC(大型原油タンカー)の新造船などに硫黄分を除去するスクラバーの搭載を選択する例が日本で出はじめた。

2018.02.14

NOx対応のバルカー新船型成約/国内造船、パナマ型中心に、船価に注目

NOx対応のバルカー新船型成約/国内造船、パナマ型中心に、船価に注目

船価相場の押し上げを期待する声もある(写真=ブルームバーグ)

国内造船所が開発したNOx(窒素酸化物)3次規制(NOx Tier Ⅲ)対応デザインの新船型の新造成約が出始めた。

2018.02.13

「救済」に傾く韓国造船政策/強まる政府関与、見えぬ将来像に反発も

「救済」に傾く韓国造船政策/強まる政府関与、見えぬ将来像に反発も

STX造船などの処遇も課題に

韓国で、難局に直面している造船業に対する政府の姿勢が、再編・淘汰よりも「救済」に大きく傾いている。新たな支援策の準備を進めるが、既にこれまでの公的支援が海外から批判を集める中、新規政策の内容によっては波紋が広がりそうだ。

2018.02.09

名村造船、ベトナムに設計子会社/初の海外設計拠点、船種拡大への対応力強化

名村造船、ベトナムに設計子会社/初の海外設計拠点、船種拡大への対応力強化

名村造船は3工場でプロダクトミックスを展開

名村造船所は今年1月、ベトナムに設計子会社を設立し、同社として初の海外設計拠点を開設した。

2018.02.08

LNG燃料供給船をトタルに貸船/商船三井、CMA-CGMの2.2万TEU型向け

LNG燃料供給船をトタルに貸船/商船三井、CMA-CGMの2.2万TEU型向け

契約に調印した商船三井の橋本剛専務(左)とTMFGSのオリビエ・ジュニー社長

商船三井は6日、世界最大の1万8600立方㍍型LNG燃料供給船1隻の貸船契約を仏エネルギー大手トタルの船舶燃料事業部門トタル・マリン・フュエルズ・グローバル・ソリューション(TMFGS、本社=シンガポール)と締結したと発表した。

2018.02.07

海外船主融資、様子見が大半/地銀、地元重視と融資ノウハウで

海外船主融資、様子見が大半/地銀、地元重視と融資ノウハウで

融資で海外船主の存在感高まる(写真=ブルームバーグ)

地方銀行による海外船主向け融資が伸びていない。国内の船舶融資需要は大きな伸びが期待できない一方、貸出難で多くの金融機関が参入を目指しており、競争が激化している。

2018.02.06

物流費値上げ機運、内航海運にも/内航総連・小比加会長、今年の業界の課題語る

物流費値上げ機運、内航海運にも/内航総連・小比加会長、今年の業界の課題語る

山積する課題に業界一丸で取り組む

日本内航海運組合総連合会の小比加恒久会長は本紙インタビューで今年の内航海運業界の課題について、「宅配業界をはじめとして物流コストへの注目や理解が広がる中で、内航もその流れに乗り遅れず、船舶と船員の2つの高齢化への対応が可能な水準への運賃の値上げを期待したい」と語った。

2018.02.05

2000億円の4号ファンド組成/アンカー社、事業投資に重点

2000億円の4号ファンド組成/アンカー社、事業投資に重点

アンカーのファンドで建造した超大型コンテナ船

船舶投資ファンドを運営するアンカー・シップ・パートナーズは、第4号ファンドを組成して投資を本格化させている。2000億円の投資規模を目指す。

2018.02.02

三井造船と常石造船が提携協議/海外拠点や技術力など強み補完できるか

三井造船と常石造船が提携協議/海外拠点や技術力など強み補完できるか

50年来の友好関係が業務提携に発展するか

三井造船と常石造船は1日、商船事業分野で業務提携に向けて協議を行うことで合意したと発表した。具体的な内容や条件を含めて、今後協議を詰める。両者は過去50年近くにわたり友好関係にあるが、人的交流などは限られている。

2018.02.01

郵船・川汽が通期下方修正/海運決算、回復の足取りやや鈍る

郵船・川汽が通期下方修正/海運決算、回復の足取りやや鈍る

業績改善基調は維持(写真=ブルームバーグ)

主要邦船社が1月31日に発表した2017年4~12月期決算は、前年同期比で大幅に改善した。

2018.01.31

船価安・鋼材高・通貨高に直面/アジア各国の造船業が赤字・減益に

船価安・鋼材高・通貨高に直面/アジア各国の造船業が赤字・減益に

リストラ後の韓国造船所は鋼材高とウォン高に見舞われている(写真=ブルームバーグ)

アジア各国の造船所が一様に採算悪化に直面している。低船価受注船の建造や高難度工事の工程混乱、操業低下による固定費負担増加に加えて、鋼材価格上昇をはじめとしたコストアップと通貨高が追い打ちをかけている。

2018.01.30

M&A相次ぐ海外船舶管理会社/規模を力に、マーケット低迷が好機に

M&A相次ぐ海外船舶管理会社/規模を力に、マーケット低迷が好機に

大手がより大きく(写真=ブルームバーグ)

海外の大手船舶管理会社がM&A(買収・合併)などを通じて規模を拡大している。拡大を目指す主な理由はサービスの充実に加えて、スケールメリットの追求だ。

2018.01.29

《連載》船舶金融新時代(1)/リーマン後10年、融資環境激変

《連載》船舶金融新時代(1)/リーマン後10年、融資環境激変

金融機関、新時代への対応急務(写真=ブルームバーグ)

リーマン・ショックからの10年間で、船舶融資を手掛ける金融機関の事業環境は大きく変わった。国内船主(船舶オーナー)による新造バルカーを対象とした邦船社向けの長期用船案件が激減し、代わりに海外オペレーター向けや短期用船など「難易度の高い案件」(金融関係者)が増えている。

記事を読み込む

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
MARKET REPORT