日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2018年11月06日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2018年11月06日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

≪連載≫東南アジアの海運市場<上>/新造商談、ニッチな小型船に需要

≪連載≫東南アジアの海運市場<上>/新造商談、ニッチな小型船に需要

日本勢は星港で東南アジア市場を開拓

中国、インドに続き、海運市場をリードしていくと見られている東南アジア。人口が増え、それに伴い海上荷動きも拡大していく見通しにある。特に石炭火力やLNG火力などの発電プロジェクトが目立つ。

海運

  • タンカー事故補償の適正化を提案/国際油濁補償基金、ロンドンで総会開催
  • 保護主義的な海事政策に懸念/カナダで海運先進国当局間会議
  • 飛鳥Ⅱ、2019年上期商品を発表
  • 飯野、所有ビルが港区「景観街づくり賞奨励賞」
  • “にっぽん丸”、2019年4~9月のクルーズ発表
  • ≪PROFILE≫「歌って踊れる船長」仕事は楽しく/樋口久也・日本郵船海務グループ長

コンテナ・物流

  • 北米向け好調、駆け込み需要か/記者座談会/海運この1カ月<下>
  • 台風の影響や港湾政策を説明/神戸税関、神戸大・竹林教授が講演
  • ブッキング確定、即座に完了/マースクが業界初サービス
  • 上海・寧波発着で低硫黄油サーチャージ/CMA-CGM
  • 月内にもアンケート実施/港湾データ連携基盤構築へ実態把握
  • 22年までに100万TEUへ/現代商船、売上も100億ドル目標に
  • 取扱量4%増の2140万TEU/韓国港湾コンテナ、1~9月期
  • 経常益は1%減の14.7億円/宇徳・上期業績
  • 名古屋港運大手、投資相次ぐ/港湾周辺に新施設続々
  • 港湾のデジタル化などで協力/SOGETとマイクロソフト
  • 売上高7%増の15.6億ドル/OOCL・第3四半期
  • 保険金請求でBC活用、効果を確認/東京海上日動/NTTデータ
  • 神戸港、外貿8月分は1.8%増
  • 北信越運輸局、寺泊/赤泊航路の廃止受理
  • 南星海運、マニラ向けでPSS導入
  • 12月に都内で釜山港セミナー

不定期専用船

  • イラン制裁、原油で一部制裁除外/VLCC市況への影響は
  • 自動車船・在来船の配船再び停止/イラン制裁復活で、荷動きはすでに途絶
  • 34%減の2274万重量トン/18年1~9月のバルカー竣工量
  • 9月の自動車輸出、8%減/北米・欧州など減少、中近東横ばい
  • パシフィックベイスン、日本の関係者招きパーティー

造船

  • JERAから運航管理支援システム受注/川崎重工、「SOPass」累計11隻に
  • 「東京データラボ」をオープン/渦潮電機、船舶ビッグデータの研究拠点に
  • 大宇造船、VLCC最大3隻受注/船価9000万ドル超、ハンターグループ向け
  • CSSCと戦略的協力関係締結/マックグレゴー、中国市場への展開強化
  • 低圧SCRの初号機就航/J-ENG、コンテナ船主機に搭載
  • 4~9月期は経常赤字8億円/佐世保重工、円安で赤字幅縮小
  • ポスコ、大宇造船買収報道を否定
  • 日立造船、19年3月期の経常益は65億円

Information

  • 三菱商事、人事異動
  • 三菱商事、組織改編
  • 三井E&S、技報創刊号を発行
  • バルチラ、神戸と東京で技術セミナー開催

コラム・その他

  • 【青灯】変化する言葉
  • 【ログブック】赤阪治恒・赤阪鐵工所社長/西山徹・マースクライン日本支社北東アジア地区最高責任者/橋本州史・三菱造船顧問

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休刊
1 2
休刊
3
休刊
4
休刊
5
MARKET REPORT