日刊海事プレスOnline

The web site of "Kaiji Press" ,industry journal of maritime information.

メニューの開閉

トップ > 2018年02月22日付の主なヘッドライン

文字を大きく 文字を小さく

2018年02月22日付の主なヘッドライン

※日刊海事プレスの閲覧は、タイトルのみの閲覧となります。

トップニュース

目指すはコンテナ物流のフェデックス/マースク・グループ、3~5年でグループ像一新

目指すはコンテナ物流のフェデックス/マースク・グループ、3~5年でグループ像一新

投資は非海運・安定収益分野主体に

マースク・グループは、コペンハーゲンで開催した投資家向け事業説明会「キャピタル・マーケット・デイ」で、改めて「コンテナ・物流事業におけるフェデックスやUPSを目指す」との方針を明らかにした。

海運

  • 音の可視化で船上機器状態を診断/日本郵船、MTIと「Kirari MUSE」開発
  • 5月15日に新造第1船が就航/フェリーさんふらわあ、大阪/志布志航路で
  • 商船三井運航の自動車船、遭難者救助
  • 東京マリンクレームサービス、共同海損論文を論文集に
  • 関東運輸局、船員の特定最低賃金引上げ
  • 「健康経営優良法人」にIHIら
  • 関東運輸局、水産系高校で船内安全体感研修
  • 交政審船員部会、船員災害防止対策審議

コンテナ・物流

  • SOx規制対応でスクラバー想定せず/マースクライン
  • 港湾めぐり 苫小牧港④/栗林商会/海外事業と国内物流を強化
  • 1月は11.3%増の150万TEU/アジア発米国向け荷動き、日本も2桁増
  • 17年は往復ともに過去最高更新/アジア/欧州コンテナ荷動き、日本は4年連続減
  • 人口減少で新技術導入の必要性指摘/大阪港連続講座、野村の和田研究員
  • マレーシア・ミッション結果を報告/大阪港、ポートセミナー開催
  • 横浜港、11月は1%増の23万TEU
  • 名古屋港、11月は5%増の23万TEU
  • 清水港、1月は3%増の4万TEU
  • 大阪港、外貿11月分は7%増
  • 博多港、10月は3%減の7万TEU
  • 北九州港、10月は7%増の4万TEU

不定期専用船

  • 最終損失235万ドルに大幅縮小/GOGLの17年通期、営業黒字転換
  • ヴァーレと25年長期契約/コリアライン、VLOC2隻投入
  • シェルにLNG燃料アフラ貸船/ソブコムフロット、2社の協調拡大
  • NZで自動車船3隻に退去指示/害虫問題、一部で荷揚げ再開

造船

  • 国内造船、官公庁船の受注に照準/巡視船に軸足移す建造工場も
  • 82型バルカー最大4隻受注へ/揚子江船業、欧州船主向け
  • 大宇造船、第三者割当増資で37億円調達
  • 韓国巨済市の人口26年ぶり減少、造船不況影響
  • 常石舟山、地域医療機関に建設費寄付

コラム・その他

  • 【青灯】責任感の拡散を回避せよ
  • 【ログブック】雨宮正啓弁護士/村尾圭司・ーシャン・ネットワーク・エクスプレス・ジャパン執行役員中部支店長/柳澤晋一・日本郵船海外ドライバルクグループ長

過去の日刊海事プレス記事見出しをご覧いただけます

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
MARKET REPORT