メニューを開く

Latest Article最新記事一覧

上海支局ブログ

パリのセーヌ川左岸は、フランスの芸術文化を体現する場所と言われます。
上海にもこれに似た、芸術の地があります。莫干山路50号にある「M50創意園(以下M50)」は「上海のセーヌ川左岸」と呼ばれ、現在はスタジオや芸術センター、画廊が集まっています。蘇州河沿いに前世紀からの工業建築として工場や倉庫が並び、過去と現代を結ぶ新旧の文化や芸術を生き生きと結合しています。
 
上海地下鉄の3号線に乗って中潭路の駅で降り、蘇州河を通り過ぎて15分ぐらい歩くと、M50に着きます。途中には芸術的な落書きがあふれています。





これがM50の様子です。「上海紡織」という看板が見え、新旧の結合が感じられます。上海紡織博物館もあります。130年の歴史がある元上海申新紡織第九工場の跡地です。見学すれば、上海の紡織業の発展の過程を学べます。
 
1998年、台湾のデザイナーが最初にこの地の倉庫に入居しました。2002年、多くの芸術家たちの作品をおさめる著名な東廊、香格納などの画廊もM50に移転しました。今では、中国など10カ国から100人ほどの芸術家が集まっています。








油絵、水彩画、水墨画、書道、写真などの作品の展示会がよく開催されています。今年5~6月には韓国の有名な芸術家・李在孝氏の個展が開かれ、空間配置、彫刻芸術品、撮影作品の3部門がありました。
私が入ってみた画廊には、このようなパンチのある作品が並んでいました。ちょうど油絵を買っているお客さんもいました。この大きな靴、欲しくないですか?素晴らしい作品だと思います。
 
またある写真館では6歳ぐらいのお客さんの撮影が行われていました。私と友人も、好きな場所を選んでは写真をいっぱい撮りました。ちなみに、すごく人気のあったテレビドラマ「何以笙簫黙」もこのM50で撮影されたものです。もし興味があったら、是非このドラマも見てください。
 
芸術といえば、芸術家や美術大学の学生、業界の関係者らしか鑑賞できないものだと思っていました。でも、ここなら、芸術の知識をそれほど持ってなくても、気軽に見学できると分かります。自分の目で作品を見て、自分で考える。画廊の店主さんたちも、売ることより作品を鑑賞するかどうかが気になっているみたいです。作品を買わせるプレッシャーもなく、ゆっくりとひとつずつ見られます。
 
もし疲れたら、喫茶店や食堂もあります。気になるところに入って、飲み物を頼んでゆっくり休憩。ある店には芸術に関する本がいっぱいありました。本を読んで、視点を変えて、芸術鑑賞を続けました。(楊)
 
 

関西支局ブログ

関西支局ブログ

上海支局ブログ

上海支局ブログ

Inner Voice of Web Master

Inner Voice of Web Master

KP DATA編集長Kunugiの憂鬱

KP DATA編集長Kunugiの憂鬱

Blog by COMPASS

Blog by COMPASS