メニューを開く

Archives過去記事検索

関西支局ブログ

 450億円を投資し7月15日にオープンした、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の「ハリーポッター」。10年間で5兆6,000億円の経済効果があるとの試算も出ている大規模アトラクションである。「ハリーポッター」が大阪を活気づけるのは間違いないところだ。

             
            (天保山から見たUSJ)

 USJと東京ディズニーランド(TDL)を比較すると、1日入場券(大人、税込み)はUSJが6,980円、TDLが6,400円で同じような金額。年間チケットになるとUSJは19,800円、TDLは53,000円(ディズニーシーを入れると82,000円)と大きく異なる。

 年間チケット代の開きも大きいが、USJが待ち時間を短縮できるチケット「エクスプレス・パス」を発売していることも大きな違いだ。東京から来ると「アレッ」と奇異に感じるが、大阪人からすると、当然のことである。TDLがそうしたチケットを販売すると、「差別だ」的な批判を受けそうだ。

 エクスプレス・パスと若干異なるが、平日と休日で料金に差があるのは、関西も関東もおなじだろう。ゴルフのプレー料金、旅館やホテルの宿泊費、引っ越し代など、平日と休日で異なる。大阪でその種類が東京より多い。たとえば、クリーニング代が平日と休日で異なる地域が大阪に多いが、東京、関東では見られない。

 大阪に住み慣れると、合理的で納得できる料金、価格でなければ支払う気になれないという。理屈が伴わない無駄な出費に対しては厳しい。その一方、エクスプレス・パスのような便利なものがあれば、喜んで購入する。こうした考えが浸透しているからか、大阪は「住みやすい」といわれる街になっている。 (横川)
 

関西支局ブログ

関西支局ブログ

上海支局ブログ

上海支局ブログ

Inner Voice of Web Master

Inner Voice of Web Master

KP DATA編集長Kunugiの憂鬱

KP DATA編集長Kunugiの憂鬱

Blog by COMPASS

Blog by COMPASS

Archives過去記事検索